畠中洋プロフィール

畠中洋さんのプロフィールを紹介
畠中洋
畠中洋(はたなかひろし)
畠中 洋(はたなか ひろし、1966年1月9日 - )は、山形県上山市生まれの俳優。ケイファクトリー所属。あだ名は「ハタ坊」。日本大学山形高等学校卒業後、青年座研究所を経て音楽座に入団。1996年の解散後、TVドラマ、舞台、ミュージカルなどで幅広く活躍中。

経歴
高校生の時に芸術鑑賞会で観た芝居に感銘を受け役者を志し、高校卒業後に上京。1988年:「音楽座」に入団。「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ」で初舞台。その後、音楽座作品では重要な役どころを演じる。1996年:音楽座解散後、ケイファクトリーへ。音楽座最終公演「マドモアゼル・モーツァルト」では公演期間中に椎間板ヘルニアを発症し、途中降板した。同年10月「カムパネルラの光」にて舞台復帰。1997年:NHK土曜ドラマ「銃口」にてドラマ初主演。第23回放送文化基金賞男優演技賞を受賞。

人物
エキゾチックな顔立ちと右アゴのホクロが特徴。尊敬する俳優はロバート・デ・ニーロ。芝居に対して真摯な姿勢で臨むので多少の肉体改造も厭わない。「実直な青年」から「狂気を孕んだ男」まで一作ごとに違った役を演じ分ける。ミュージカル俳優には不可欠な「美声」の持ち主。実家はかつてストリップ小屋を経営していたため、幼い頃はその事でいじめられた。父親は気性が荒く、畠中はよく殴られ蹴飛ばされた。竹刀で殴られて前歯を折ったことがある。高校時代の後輩にテツandトモのトモがいる。妻である女優の福島桂子との間に男児がいる。



畠中洋Topページ




カテゴリから「エンタま」で紹介する人物をカンタンに検索できます。
タレント | 俳優
グラドル | セクシー女優
お笑い | 漫画・アニメ
ミュージシャン


[0]トップへ
(c)entama.info